サービス

運用監視サービス

概要説明

  • 今日の社会では、多くの業務がIT化されておりますが、様々なメーカーの製品や様々なクラウドアプリケーションを組み合わせたシステムになっているため、障害や停止が発生した際に、原因究明が困難になります。
    システム停止が企業に与えるインパクトは大きく、そのまま業績ダウンにつながってしまうことも珍しくありません。
    そのため、企業のシステム担当者にはシステムの安定稼働、リスク管理に向けた多くの業務が求められるようになってきています。


    大企業であれば、情報システム専用の部署があり、組織化がされておりますが、中小企業の場合は、システム担当者は2~3名、もしくは経験のない総務部・管理部の方が兼任で行うことが多いのが現状です。本来の業務を圧迫したり、特定の個人に依存してしまう、など様々な課題があります。


    シンクスクエアの運用監視サービスは、中小企業のシステム担当者に代わり、企業の財産とも言えるシステムの運用を代行するアウトソーシングサービスです。

メリット

  • 24時間365日、お客様の環境を監視
    どんなサインも見逃さない

    営業時間はもちろんのこと、夜間や休日等、業務時間外でもシステムの障害やシステム停止の前兆を検知してメールで通知し障害を未然に防ぐ支援をさせて頂きます。
    また、障害時、メーカーへの保守コールなどを代行することで、お客様の負荷を軽減いたします。

    監視の内容も、死活監視、ログ監視、リソース監視等、様々な項目の監視ができます。

  • お客様のご要望に応じた対応

    サーバーの監視、運用の方法はお客様のご要望に沿った形でご提供させて頂きます。例えば基本サービスに加え、障害時の電話報告、サーバー状態の月次レポートを作成させて頂く、カスタム監視サービスもございます。

    システムの安定稼働に全力を尽くします!

お問い合わせ
一覧を見る