情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

株式会社シンクスクエア(以下「当社」という)は、コンピュータシステムの販売、コンサルティング、設計・開発・構築等のサービス提供業務を通じて、多くの情報資産を取り扱っています。当社の全ての事業領域において取り扱う情報資産を、あらゆる脅威から保護し、機密性・完全性・可用性を適切に維持することが、経営上の重要な目標であると考えます。そのため当社では、当方針のもと、JISQ27001-情報セキュリティマネジメントシステム要求事項-の内容に適合したルール及びそれを運用するための社内体制を「情報セキュリティマネジメントシステム」として定めています。当社は、取引先、パートナー会社、外部サービス提供会社の皆様と協力して、情報資産の適切な取扱い及び管理を達成し、当社のすべての利害関係者に信頼と安心を提供することを目的として、情報セキュリティマネジメントシステムにおける一連の活動を継続します。

情報セキュリティの定義及び対象となる情報資産について

当社は、情報セキュリティの定義を、情報資産に対する機密性・完全性・可用性を維持することとします。情報資産には、当社の管理下にある全て業務活動に関わるコンピュータやネットワーク設備、ソフトウエア等の情報システム、情報システム上で処理するデータ等のほか、各種仕様書や契約書類等のドキュメント、クライアントよりお預かりするノウハウや知的財産も含まれます。

情報セキュリティに関わる体制及び活動について

当社は、情報セキュリティ委員会を設置し、情報セキュリティ管理者を任命するとともに、管理者を中心として各部門の情報セキュリティ活動を推進していきます。

リスクアセスメントおよび情報セキュリティ目標

当社は、保有する情報資産について、取扱う上で予測されうる情報セキュリティ上のリスクを、社内規定に定める手順に従って特定し、認識したリスクの原因を分析・評価して、最適な対応策を決定した上で、業務上の取扱手順を整備し、実施します。当社は、リスク対応策の実施を通じて、特定したリスクを当社が受容可能なリスク水準以下に軽減することを、情報セキュリティ目標とします。

法令等および契約上のセキュリティ義務の遵守について

当社は、「情報セキュリティマネジメントシステム」の運営にあたり、情報セキュリティに関連する個人情報保護法や不正競争防止法、著作権法等の法令や各種ガイドライン、その他の規範、及び利害関係者からの機密保持等をはじめとする要求等を遵守し、適切な情報セキュリティ管理を通じて社会的責任を果たします。

情報セキュリティマネジメントシステムの継続的改善

当社は、社会情勢の変化や情報技術の進歩等に対応し、新たな脅威から情報資産を保護するべく常に最善のセキュリティ体制を確立していく所存です。そのため当社の経営環境を鑑み、定期的に「情報セキュリティマネジメントシステム」の内容及び運用状況を監査し、その結果に基づいて「情報セキュリティマネジメントシステム」の見直し、これまでに達したセキュリティ水準を維持するとともに継続的な改善をしていきます。